運営者の藤村です

中小零細企業が、優秀な若手人材を確保し、会社の戦力へと成長させていく方法。

こんにちは、代表の藤村です。

私自身、地方の小さな名の知れない工事会社の人事担当として現場に入り込み、若手人材の増員に成功させてきました。

「待遇を上げることはできないが従業員を倍増させてくれ!」そう工事会社の経営者に告げられた中で、10代20代の若手人材を中心に、2年で1.5倍、3年で2倍超にまで増員するこに成功。

4年目において新入社員の離職率0%を達成させ、現在においても素質のある若手人材を確保し続け、従業員数の拡大だけでなく、会社の売上や事業拡大に大きく貢献しております(2020年は過去最高の売上達成に貢献することができました)。

私ごとですが、忘れもしない2015年10月の蒸し暑かった日に、突然脳出血で倒れました。すぐに治療したため大事には至りませんでしたが「いつ再発するかわからない」そう医者に告げられました。

最初するという不安の中で、また倒れたら会社に迷惑がかかる。そう思い、私がしてきた求人採用活動の内容を「備忘録」という意味も含めてブログに投稿しはじめました。

そして発信し続けたところ、全国の中小零細企業の経営者、人事担当者様からの相談を多数受けるようになりました。

中には「ブログをすべて印刷し読み漁りました。」そう言ってくださる方もおられ、私の経験値を基に「人材難で困ってらっしゃる中小零細企業の皆さんにもっともっとノウハウをシェアすべきではないのか?」私自身そのような使命感みたいなものを感じました。

そして現在は、工事会社の人事担当として現場力を養いながら、中小零細企業様向けに、若手人材に特化した採用・育成のコンサルティングや勉強会、その他セミナー活動を行っております。

私自身、これまで100を超える企業様に直接アドバイスをおこなってきました。その中で「他では聞いたことのない納得のいく内容だった」とか「失敗と試行錯誤を繰り返して培ってきた、現場仕込みのノウハウがわかりやすい!」と定評を頂くようになりました。

なぜ、中小零細企業に特化しているのか?他との違いは?

当社のノウハウは、人材コンサルタントにありがちな、「データを集めたり、聞いた話しをまとめて論評する」というものではありません。

「この媒体を使えば良い」という小手先のテクニックをお伝えするつもりもありませんし、労働条件の改善方法や、外国人の活用ノウハウをお伝えするものでもありません。そして、応募者をふるいにかける面接手法だったり、働き方改革、補助金の助成をレクチャーするものでもありません。

当社がお伝えしている人材確保・育成ノウハウは、いつの時代にも通用する「原理原則」に基づくものです。しかも「中小零細企業、小規模事業者向けだけに特化」しています。それはなぜでしょうか?

それは、中小零細企業は「求人を出してもまったく応募が来ない」とか「応募が来ても思うような人材を獲得できない」「採用してもすぐに辞めて行ってしまう」という現状にあるからです。

大企業や中堅企業の求人採用活動は「求人を出したら一定数のエントリーがある」という前提にありますが、私たち中小零細企業は求人を出しても、そう簡単にエントリーがありません。問い合わせや応募を獲得するだけで苦労します。そして応募があれば「来る者拒まず」の状態になってしまいます。

それでは人材を確保し続けることは難しいでしょうし、採用しても定着しないどころか、逆に会社の足を引っ張りかねない人材を引き寄せてしまいます。

その中で「いかに応募を獲得していくか?」「私たちが欲しい素質のある若手人材を獲得し、いかに会社の戦略へと転換していくか?」

それこそが、私がコンテンツやノウハウを発信している理由です。

この「中小零細企業のための若手人材採用育成力向上委員会」では、私が、小さな工事会社の人事担当として現場に入り込み、多くの失敗、検証を繰り返しながら、素質のある若手人材の確保し、定着を成功させてきた “生きた”ノウハウをご提供しています。

そして私のコンテンツやノウハウを通じ、表面的な部分ではなく本質的な部分をご理解して頂けると幸いです。なぜなら、本質的な面を理解できるようになれば、人材の獲得や育成に悩む必要が無くなってくるからです。

私のミッション

日本には、日本の財産と言えるほど、モノづくりやサービスのノウハウをお持ちの中小零細企業がたくさん存在します。にも関わらず、その多くの会社が人手不足や後継者不足で困ってらっしゃいます(特に人手が必要な業界は深刻)。

世界に誇る技術やスピリットがあるにも関わらず、人手不足により、そのノウハウが次世代に引き継げないまま、倒産や廃業に追い込まれる。我が国はそんな状況でいいのでしょうか?

日本の企業は中小零細企業が9割以上です。日本の経済を活性化し続けるためには中小零細企業が強くあり続けなければなりません。

私は「日本の未来は中小零細企業の存在無くしてはあり得ない!」そう思っています。

そのためには「中小零細企業こそ、若手人材を確保し、会社のノウハウやスピリットを承継させ、将来に渡って活気のある会社にしていく必要がある!」そう強く感じています。

だからこそ、個々の企業様が、広告代理店や人材派遣・紹介会社などの業者に依存することなく、ライバルや大企業にも負けない人材確保や育成のスキルを身につけていただく必要があると強く感じています。

それは「セールススキル」や「ものづくりの技術」と同じくらいに重要なスキルです。

なぜなら、これからの日本はさらに少子高齢化、労働人口が減っていき、慢性的な人材不足になるからです。そして、日本の将来を背負う若者たちを鼓舞するためにも、人材に関わるスキルは、これからもっと会社の大きな経営課題になるでしょう。

私が人材に関わる情報発信や、サポートをさせていただく際に掲げているコンセプトがあります。それは、

求職者が魅力を感じ、価値を感じてもらえる求人・会社づくりを
あなたの会社に有望な若手人材を引き寄せ、将来にわたり繁栄が続く会社を

ということです。

そのための発信・サポートをしていくことが私のミッションだと自負しています。

もしあなたが、私のこの考えに少しでも共感・ご賛同して頂けるなら、これからも、このサイトをフォローしていただけると嬉しいです。

そして、いつかあなたとお会いし、会社の発展・繁栄に貢献できることを楽しみにしています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

活動歴

クライアント様に生きたノウハウを共有すべく、私自身、現在においても工事会社の人事担当として活動し、人材を確保・育成するための経験値や感覚を養っています。

その他、お問い合わせやご相談を頂いた全国各地の企業様への勉強会・コンサルティングサービスをおこなったり、セミナー・講演活動もおこなっており、100を超える企業、経営者様にアドバイスをおこなってきました。あとイレギュラーではありますが、地方テレビの出演や、近年は大企業からのアドバイス依頼もあります。

運営情報

サイト名 人材採用育成力向上委員会™
運 営 エフティマ G.K.
責任者 藤 村 俊 之
所 在 地 〒611-0002
京都府宇治市木幡平尾28-227

PHONE:05053294977
※弊社ではクライアント様を優先する都合上、電話にてのご用件を原則お受けしておりません。
初めての方、一般の方、弊社と取引を希望される方は、先ずは「お問合せ」によりご用件を伺っております。ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。
営 業 営業時間:12:00〜18:00 定休日:当社カレンダーによる
 H    P https://jinzai.ftma.jp/

特定商取引についてはこちら