各商工会議所様、各協会団体様、各企業様向け「セミナー・講演会」のご案内 中小企業・零細企業に特化した
若手人材の確保・育成術セミナー
セミナー参加者の9割以上が「役に立った!」と回答

今、中小企業・零細企業の深刻な悩みでかつ、これからの大きな経営課題は何でしょうか?

それは、人材不足ということではありませんか?しかも…、

会社の将来を背負って立つ
優秀な若手人材が確保できない!

という切実な問題を抱えてはいないでしょうか?

そして、それ以前に

求人を出しても応募が来ない!
採用しても定着しない!

という現状はないでしょうか?

施すべき対策も見出せず、途方に暮れてしまう…。

もし、人材に関してそのようなお悩みの企業様が少しでもいるのでしたら、このセミナーはきっとお役に立つと思います。なぜなら、セミナー参加者の9割以上が「役に立った!」と回答した、中小零細企業に特化した若手人材の確保と育成術をお話しするからです。

なぜ人材採用セミナーに参加しても
中小零細企業には役に立たないのか?

たとえば、こんな風に感じている会社の経営者や人事担当者様はいないでしょうか

  • 人材採用方法のセミナーにはよく行くけど…、
    それって、求人を出せば応募が集まる前提の話しばかりじゃないか?
  • 第一、ウチは零細企業だから求人を出しても応募は来ないし、仮に応募してきたとしても人を見分けるほど応募が来ないぞ。
  • しかも、採用してもすぐに辞めてしまうような人材ばかりが寄ってくるんだけどなぁ…。

これは実際、ある小さな会社の経営者が発した言葉です。

しかしそれも無理はありません。なぜなら、世の中に出回っている多くの人材採用方法は「求人を出せば応募が集まる」という前提に成り立っているものが多いからです。

それは「どうやって応募を増やすのか?」ではなく、「応募してきた中でどうやって人材を見分け、ウチの会社に来てもらうか?」ということに焦点を当てたものが多いからです。

つまり、それらは「求人を出せば勝手に応募が集まってくる大企業や中堅企業向けのノウハウ」が多く、求人を出しても応募の電話すらかかってこない、私たち中小零細企業には当てはまらないものが多いのです。

しかし…、、

 

仕事の魅力や会社のビジョンを発信したり、
待遇を改善したり求人内容の書き方を工夫すれば
中小零細企業でも応募は増えますよね?

最近、こういった質問も受けるようになりました。でも、答えは「いいえ、違います!」です。それはなぜでしょうか?

最近は、「求人を出しても応募が来ない」という中小零細企業のお悩みに対し、

  • 仕事の魅力を発信しなさい。
  • 会社のビジョンを掲げなさい。

そういった声を聞くようになました。そのために、

  • ホームページを充実させなさい、
  • 求人票の書き方を工夫しなさい、
  • 会社見学や職場体験、企業説明会を積極的にやりなさいetc

そういったアドバイスをする人材コンサルタントや人材支援の関係者が多く見受けられます。

そして、未だに、

  • 賃金を上げないと人材は確保できないし、優秀な人材を採用できませんよ。とか、
  • 休みや福利厚生を充実させていかないとダメです。

などと言った「無責任」な発言が聞こえてきます。

もちろん、このような改善は全くの間違いではありません。仕事の魅力や会社のビジョンを伝えるために会社見学会を開催したり、ホームページを充実させたり、求人票の書き方を工夫したり、賃金アップや労働条件改善などの戦術は必要です。

しかし、そのような戦術を使ったとしても、

「ある要素が抜け落ちていたら」それらすべてがムダ!

全くもって意味がないものになってしまいます

そういった机上の空論ばかりを並び立て、現場を知らない小手先の戦術ばかりをアドバイスをする多くの人は、その「重要な要素」が完全に欠落しているのです

なので、その重要な要素を知らないまま人材アドバイザーや広告代理店の言うことを鵜呑みにして行動すると、優秀な人材を確保できないどころか、ダメ人材を採用することになってしまうでしょう。また、余計に無駄な経費を払い続ける羽目に陥り、会社の体力を消耗する結果にもなってしまいます。

では一体どうすればいいのでしょうか?

賃金を上げることなく若手従業員を倍増させ
離職率ゼロを達成した秘訣を公開

はじめまして。私は中小零細企業に特化した若手人材の採用と育成のサポートをしている藤村俊之と申します。

既に私のことを存じ上げてる方もいるかもわかりませんが、私自身、地方の小さな建設設備工事会社で人事担当として現場に入り込み、若手人材を中心に多くの従業員を確保することに成功してきました。

当時従業員数が13名ほどだった会社が、2年で1.5倍に、3年で2倍以上も増員し、会社の平均年齢も5歳以上若くなりました。また、4年目に入り、新入社員の離職率0%を達成し、今では市内トップクラスの工事会社にまで成長するお手伝いをすることができたのです。

もちろん、ここまで来るのに順風満帆だったわけではありません。ガムシャラに行動した結果、多くの若者を確保できた一方で、多くの若者が去り、会社の体制が混乱してしまい悪循環を起こしてしまうこともありました。

しかし、こういった失敗を経験し改善を行っていった結果、優秀な若手人材を確保することに成功したのです。

それには、賃金を上げたり、待遇を厚くするといったようなことではありません。会社が有名であるわけでもなく、何か特別なことをしたわけでもありません。多くの失敗と挫折を経験した中で、あるちょっとしたコツというかポイントを見出し、それを徹底して実行したことで、優秀な若手人材を確保し、会社の成長に貢献することができたのです。

その、私が実際に身をもって培ってきた経験を基に、今では、全国の人材不足に悩まれている中小零細企業様向けにコンテンツを発信したり、個別サポートを行っているだけでなく、セミナーや勉強会等を通じて中小零細企業に特化した若手人材の確保と育成術」を発信しており、多くの評価を頂いております。

セミナー・講演活動をしている理由
人材不足倒産・後継者不在の廃業を防ぎ、会社を若手人材で溢れさせること

人材不足・人手不足による倒産、後継者不足による廃業は年々増え続けています。正直申し上げると、従来の人材採用や人材育成のやり方ではもう通用しなくなってきていますし、アプローチを変えなければいつまで経っても人材はやってきません。また人材を確保したとしても、人材が成長するどころか定着すらしないでしょう。

「ものづくり」や「サービス」で日本の経済を支えているのは中小企業・零細企業です。その世界に誇る日本の中小零細企業の技術力と精神が今、失われつつあります。

「人手不足・後継者不足によりそれらが絶たれてしまうことなど絶対にあってはならない!」これは各企業だけでなく、日本の大きな課題ではないでしょうか。その反面、今の若者たちは仕事に対する価値観が変わり、今まで私たちが「当たり前」と思ってきたこと、通用してきていた常識というものが通用しなくなり、育成する側も苦境に立たされています。

私自身、現場の第一線で人材を採用し育成してきたからこそ、それを強く感じているわけです。「どうすれば若者が振り向いてくれるのか?」そして「どうすれば真剣に仕事に向き合ってくれるのか?」

「中小企業・零細企業に若手人材が溢れ、若手人材が活躍できるよう人材採用や育成のお手伝いをする」こと。

これが当社の理念であり、

少しも多くの方に視点を変えて頂き人材確保をして頂きたい

その想いこそがセミナー・講演活動をしている理由です。

では一体、私がどんな内容のセミナー・講演会をしているか?セミナー・講演でお伝えしている内容を一部ご紹介します。

セミナー・講演レジュメの一部をご紹介

なぜ、求人を出しも応募が来ないのか?応募が来ない大きな原因とその解決策
採用活動をする前に必ずやっておくべきこととは?
多くの人がコレをやらないために、若手人材獲得のチャンスを遠ざけてしまっています。
モチベーションの低い人材ばかりが集まってしまうのはあることが原因だった?
もしモチベーションの低い人材ばかりを採用してまうのなら、、たった1つ大切なことを念頭に置いて頂ければモチベーションの高い若手人材を確保できるでしょう
求人票の書き方を工夫すれば応募が増えるんですよね?
いいえ、求人票の書き方を工夫しても「あること」を忘れていたら全てが無駄になります。なぜなら…
応募が来ないからといって、ついついやってしまう大きな過ち。
応募が来ないからと言って、ほとんどの会社がやってしまうのですが、それをやってしまうといずれ会社が倒産してしまうかもしれません
中小零細企業には優秀な人材がやってこない?
いいえ、そんなことはありません。中小零細企業でも優秀な人材を確保することは可能です。しかし優秀な人材は口を開けて待っていても向こうからやってはきません。そのために必ずやるべきことがあります。
警告!待遇改善、福利厚生充実、副業OK!etc、それら働き方改革をエサに求人をするとダメ人材を引寄せてしまう可能性があります。
あなたの人材採用活動を邪魔する、ある大きな存在とは?
せっかく若手人材を採用できそうなのに、あなたの採用活動を邪魔してくる抵抗勢力の存在をご存知ですか?この存在に対処していかないと、あと少し!というところで採用ができなくなってしまうでしょう。
高校の就職担当の先生が告白した「若者がすぐに辞めてしまう1番の原因」とは?
この原因を対処していかなければ、今後、高卒採用をはじめ、新卒採用を獲得することは難しくなるでしょう。
人気の無い業種でも求人の反応を高めるリフレーミング術
人気が無いという理由だけで応募が来ない。そんな苦境を脱する秘訣をお教えしましょう。それにはある要素を取り入れるだけで求人の反応率がぐっと上がるのですが、、私もこの要素を取り入れただけで応募が3倍になりました。人気が無い業種・業界でも、求人を出しても応募の反応を高める要素を伝授します。
採用しても定着しないのは〇〇が原因だった。
若者の定着率を上げ、成長を促す3本の柱。
この3本の柱の1つでも抜けてしまうと、若者が成長するどころか、定着することすら難しくなります。
離職率100%だった状況から離職0%に!?その秘策とは?

これらレジュメの内容をご覧いただければ、求人を出しても勝手に応募が集まってくる「大企業」や「中堅企業」ではない、「中小企業・零細企業に特化した人材採用・育成術」だということがおわかり頂けるかと思います。(※レジュメ内容は変更する場合がございます。)

もし、当方のセミナー・講演内容が「中小零細企業の発展に役立ちそうだ」と感じられたり、「地域の発展や貢献に役に立つかも」そう感じられてたのでしたら、是非、セミナー・講演依頼のエントリーをご検討ください。

各商工会議所様・各企業様においてのセミナー・講演や、テレビ・インターネットラジオ等の出演実績もあります。

こういう内容を聞きたかったよ!」そう参加者にご満足頂き、主催者様の評価向上に寄与できる内容ではないかと自負しております。

セミナー参加者の感想

  • 人材採用について根本的に考えが変わりました。
  • 若者心理も理解でき、共感できるものだった。
  • 大変勉強になりました。活用して人材育成します。
  • 大変参考になりました。当社の採用活動が全く間違っている。毎月何十万円も採用のために金を使っている。会社に戻り、責任者と話し、大至急人材確保の方法について考え直したい。
  • 有意義なセミナーをありがとうございました。まさに肌身で感じていることで腑に落ちました。
  • 実際にお客様から聞く課題や、気づいていないが陥っている企業の現状がよくわかりました。共感できるポイントが多くあり、よかったです。
  • 目からウロコのお話しばかりでした。今後、零細企業が若手人材を確保し育成していくためには、もうこれしかないと感じました。

参加者の9割以上が「役に立った」と回答して頂いております。

※セミナーに参加された方のアンケートを抜粋

セミナー・講演料の目安

※講演時間120分、参加人数50名程度迄の設定金額です。
金額 350,000 (税別)※旅費交通費別途 補足事項
※参加人数の増減や、夜間講演(講師の宿泊を要する)等の場合は別途お見積もり致します。※商工会議所様はご要望にできる限り対応させて頂きますので別途ご相談下さい。※ご依頼内容、打合せ内容によってはお受けできない場合がございますので予めご了承下さい。※その他ご不明な点は、以下の相談フォームからお願い致します。
ご依頼申込・ご相談はこちら
T.fujimura

プロフィール

藤 村 俊 之 エフティマ合同会社 代表
名の知れない地方の小さな工事会社の人事担当として現場に入り込み、若手人材の増員に成功させる。「待遇を上げることはできないが従業員を倍増させてくれ!」そう会社の経営者に告げられた中で、10代20代の若手人材を中心に、2年で1.5倍、3年で2倍超にまで増員するこに成功し、4年目において新入社員の離職率0%を達成させる。現在はブログの発信から、全国の中小零細企業の相談を多数受け、人材不足解消のサポートや勉強会を行っている。失敗と試行錯誤を繰り返して培ってきた現場仕込みのノウハウがわかりやすいと定評を受けている。

ご依頼申込・ご相談は以下よりお受け致します。

以下の必要項目を入力、プライバシーポリシーをご確認のうえ「確定」ボタンを押して下さい。
印は必須項目です。

都道府県
ご依頼内容



私たちをどこで知りましたか?






※内容によってはお答えし兼ねる場合があることをご了承ください。※この問い合わせシステムはスパムメール・迷惑メール対策を施しております。海外のIPアドレスからの送信は対応しておりません。※数日経過しても返信がない場合、迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください。迷惑メールフォルダにも入っていない場合、お手数ですが再度フォームからお問い合わせください。※お預かりした情報はプライバシーポリシーに基づき管理いたします。

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】
エフティマ合同会社(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。第1条(プライバシー情報)
1、プライバシー情報のうち「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。
2、プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは,上記に定める「個人情報」以外のものをいい,ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品,ご覧になったページや広告の履歴,ユーザーが検索された検索キーワード,ご利用日時,ご利用の方法,ご利用環境,郵便番号や性別,職業,年齢,ユーザーのIPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などを指します。第2条(プライバシー情報の収集方法)
1、当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレスなどの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や,決済に関する情報を当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。
2、 当社は,ユーザーについて,利用したサービスやソフトウエア,購入した商品,閲覧したページや広告の履歴,検索した検索キーワード,利用日時,利用方法,利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態,利用に際しての各種設定情報なども含みます),IPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を,ユーザーが当社や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
(1)ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正,利用状況の閲覧を行っていただくために,氏名,住所,連絡先,支払方法などの登録情報,利用されたサービスや購入された商品,およびそれらの代金などに関する情報を表示する目的
(2)ユーザーにお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため,氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
(3)ユーザーの本人確認を行うために,氏名,生年月日,住所,電話番号,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号,配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する目的
(4)ユーザーに代金を請求するために,購入された商品名や数量,利用されたサービスの種類や期間,回数,請求金額,氏名,住所,銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する目的
(5)ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために,当社に登録されている情報を入力画面に表示させたり,ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする目的
(6)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど,本サービスの利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために,利用態様,氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
(7)ユーザーからのお問い合わせに対応するために,お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当社がユーザーに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や,ユーザーのサービス利用状況,連絡先情報などを利用する目的
(8)上記の利用目的に付随する目的第4条(個人情報の第三者提供)
1、当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5)予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
(a)利用目的に第三者への提供を含むこと
(b)第三者に提供されるデータの項目
(c)第三者への提供の手段または方法
(d)本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
2、前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。
(1)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
(2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
(3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いているとき
3、弊社は以下のとおり、個人情報を共同利用することがあります。
1、共同利用者 弊社グループ企業
共同利用の目的
(1)弊社および弊社グループ企業の商品・サービスの提供のため
(2)弊社および弊社グループ企業の商品・サービスに関する情報提供のため。
(3)弊社および弊社グループ企業の商品・サービスの開発・改善を目的とした調査・検討を行うため。
(4)弊社および弊社グループ企業がお客様にとって有益と判断する情報提供のため。第5条(個人情報の開示)
1、 当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり10,000円の手数料を申し受けます。
(1)本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(3)その他法令に違反することとなる場合
2、前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。第6条(個人情報の訂正および削除)
1、ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。
2、当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正または削除を行い,これをユーザーに通知します。第7条(個人情報の利用停止等)
当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行い,その結果に基づき,個人情報の利用停止等を行い,その旨本人に通知します。ただし,個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じます。第8条(プライバシーポリシーの変更)
1、 本ポリシーの内容は,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
2、 当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。第9条(お問い合わせ窓口)
本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。
住所:京都府宇治市木幡平尾28-227
社名:エフティマ合同会社
担当部署:個人情報事務係
Eメールアドレス:こちらよりご連絡ください。
■メールマガジン配信サービス登録規約
・登録規約について
本規約は、エフティマ合同会社(以下、当社という)が配信する「カクイク」メールマガジン配信サービスを希望し、購読登録を行なった方(以下、購読者という)に適用されるものとします。
・個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは当社の「個人情報保護方針」に従います。
・メール配信の登録変更・配信中止
配信先メールアドレスの変更、または配信の中止の際には、購読者自身で手続きを行うものとします。
・当社による登録解除
次のいずれかに該当するときは、読者登録を解除する場合があります。
1.メールアドレスに誤りがある場合
2.メールアドレスの使用が廃止されている場合
3.メールボックスの容量オーバーなどの理由で配信したメール及びメールマガジンが不達となったとき
4.購読者側のメールサーバの受信拒否、または受信障害などで配信に障害が発生した場合
5.下記の「禁止事項」の項目に該当する行為があった場合
6.メールマガジンが廃刊されたとき
7.その他読者登録を継続するにあたり不適当な事由があるとき
・禁止事項
購読者は次の事項を行ってはならないものとします。
1.他人のメールアドレスを所有者の承認なしに登録すること
2.不正に入手したメールアドレスを登録すること
3.当社のシステムに障害を発生させることを目的に故意に登録すること
・システムの停止
当社は、システムの保守のためにサービスの一部または全部を一時停止することがあります。また、緊急を要するシステムの変更や天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部または全部の提供を一時停止することがあります。
・免責事項
当社は理由のいかんを問わず、利用者に生じた一切の損害について、責任を負わないものとします。
・規約の改定
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。
社名:エフティマ合同会社 発行責任者:エフティマ合同会社
住所:〒611-0002 京都府宇治市木幡平尾28-227
TEL:050-5319-8448 FAX:0774-32-3118

 | 運営者情報 |